レーティッシュ鉄道(Rhaetische Bahn)
         

国 鉄
SBB
私  鉄
Private Railway
市内電車
City tram
ス イ ス
Swiss
ヨーロッパ
Europe
世界の鉄道
World Railway
ホーム
Home


Rhätische Bahn(RhB=レーティッシュ鉄道)は、
スイス東端部のGraubünden(グラウビュンデン)州周辺を走る営業距離およそ400Km、メーターゲージの大手私鉄です。
私鉄とは言っても、資本のほとんどは国と州の出資で、民間資本はごくわずか、ほんの数パーセントだけなのだそうです。


2008年アルブラ線の一部とベルニナ線、とその周辺が世界遺産に登録されたました。
この路線は、山岳地帯の急勾配を走っているのに、ラック区間は無くすべて粘着で登・降坂しています。
また、氷河急行ベルニナ急行でも有名です。

アルブラ線は下図のAクールからC、D、Eを経由してFサンモリッツに至る89Kmの路線で、
そのうち世界遺産に登録されたのは、CトゥジスからFサンモリッツまでです。

ベルニナ線はFサンモリッツからGポントレジーナ経由Hティラノまで60.7Kmの路線で、全線が世界遺産登録されています。

ベルニナ線:Bernina





ベルニナ線100周年(Bernina 100 Anniversary)

ベルニナ急行でおなじみのベルニナ線は上の図のFサンモリッツHティラノを結ぶ山岳路線です。

ラックレールを使わず、最大70‰程度の勾配を走ります。
ループとヘアピンカーブを使って登・降坂するのでその線路は急カーブが多く大変複雑です。

同鉄道のリーフレットを基に作成した路線図です。 スケール通りではありませんが、カーブの多さが分かります。
終点のティラノ駅はイタリアです。




高低差は大変大きく、始点サンモリッツ駅(1,775m)から
最高点オスピツィオベルニナ駅(2,253m)まで478m登り、
終点のティラノ駅(429m)まで、38.4Kmの間に1,824mも下ります。

特に、アルプグリュム駅から次のカヴァーリャ駅までの区間平均勾配は65.4‰と最大です。
さらに、カヴァーリャ駅からポスキアーボ駅までの区間もほぼ同等の急勾配とヘアピンカーブの連続です。
そして、ブルジオ駅を出ると間もなく一気に高度差を稼ぐオープンループがあります。


2010年ベルニナ線100周年を迎え、数々のイベントが行われました。
そうとは知らずに、この年9月に訪れたのが私にとって2回目のベルニナ線でした。


私が初めてベルニナ線を訪れたのは、その2年余り前の2008年6月でした。
素晴らしい景色の中を、また、終点近くのティラノ路面を走るベルニナ線のテレビ番組を見て、その魅力のとりこになったからです。



ベルニナ線のスタートはサンモリッツ

 ほかからの直通列車は、クール⇔ティラノ間ダヴォス・プラッツ⇔ティラノ間ベルニナ急行、一日各一往復だけしかありません。
なぜならベルニナ線は直流1,000V他の路線は交流11KVだからです。


スイスはどこでも夏はハイキング冬はスキーなどが楽しめます。
サンモリッツは冬季オリンピックが2回も開催されたところです。


サンモリッツ駅はサンモリッツ湖のほとり、一段と高いところにあります。
駅の一段下の湖岸風景です。

 

ホームには姉妹鉄道の箱根登山鉄道から贈られた、
木版にカタカナでサン・モリッツと彫られた駅名標が掲げられています。



スイス中どこの駅にも線路横断禁止の看板が立てられています。 
ホームが低いので簡単に線路に下りて渡ることが出来るからです。

この駅のものには日本語が表示されていました。 ほかの駅では日本語表示を見たことはありません。




レーティッシュ鉄道の列車編成と動力車は路線によっていろいろです。

機関車が客車を牽く普通の客車列車の路線、
機関車を付け替えないプッシュプル運転の路線、
電車が客車を牽引する路線などです。

ベルニナ線では2両の電車が客車を牽引して走ります。
初めて訪問した2008年には電車+電気機関車が客車を牽引している列車も有りましたが、
100周年記念の2010年には電気機関車の姿を見ることはありませんでした。


電気機関車 801号+電車だけで走っている列車です。 閑散時間帯にはこのような編成も走っていたのです。
2008年6月サン・モリッツの次の Celerina-Staz(チェレリーナ・シュタッツ)駅です。



次の駅、Pontresina(ポントレジーナ)です。 Samedan(サミーダン)からやって来る路線と合流する大きな駅です。
この駅には車庫が有り、入換用の小型のディーゼル機関車が常駐しています。
電圧の違う2つの路線の間を行き来するのでディーゼルです。 113号です。

サンモリッツからやって来た列車に貨車を連結します。



サンモリッツからティラノ行きの電車がやって来ました。
ABe 4/445号を先頭に電車2両で6両の客車を牽いています。 2010年の写真です。 



2年前の2008年にはは、電車と電気機関車で客車を牽引している列車がありました。
下の写真、先頭は電車ですが次位は電気機関車です。

2008年6月、ポントレジーナ駅は工事中でこんな状態で乗車しましたが、今は立派な屋根付きのホームが出来ています。



ポントレジーナ駅では、丸太を積んで準備されていた貨車を連結することがあります。 
日本ではまず見ることが出来ない混合列車です。

ポントレジーナを出た列車は10分ほど走るとMortratsch(モルテラッチ)駅に到着します。
消え行く氷河として有名なモルテラッチ氷河、昔は駅前まであったそうです。
今、氷河は大きく後退してしまって、そんな面影は全くありません。


列車が駅を出て少し走ると右後ろにモルテラッチ氷河を見ることが出来ます。



この急カーブを過ぎる、としばらくの間ベルニナの山々を見ながら緩やかなカーブと勾配の続く線路を走ります。


列車の後尾には丸太を積んだ貨車が連結されています。
山を登って行く列車で木材を運ぶと言うのはなんとも奇妙な感じです。


またしばらく走り、Bernina Diavolezza(ベルニナ・ディアヴォレッツァ)駅に停車します。

この駅から3つの氷河を眺めることができると言うディアヴォレッツァ展望台まで、ロープウエイが通じているのですが、
2008年に私が訪問した時は、あと一週間先から運転開始と言う時期で乗ることが出来ず、
2回目には、強風でロープウエイは運休。

2回とも支柱を見るだけに終わってしまったので、もう一度訪問する口実が出来たと言うものです。




ベルニナディアヴォレッツァを出た列車は、乗降客が無ければ、更に無人駅を一つ通過します。 

この線に限りませんが、降車客はドア付近に有るスイッチを押して停車要求をしなければならないのです。
この知らせボタンは日本の路面電車やバスのようにたくさんは無いのでいささか不便です。


行く手右側に小さな池が見えてきました。 何の変哲もない小さな池 Lei Pitschen(レイ・ピチェン)です。


続いて少し大きめの池が現れました。 Lej Nair(レイ・ネイル黒い湖)です。
なるほど、黒光りする水を湛えています。 2回目、9月の撮影ですから氷河以外に雪は見られません。



列車はさらに進みます。 黒い湖と何メートル離れているでしょう、どう見ても100mと離れていません。
今度は白い湖です。 Lago Bianco(ラーゴビアンコ白い湖)が現れます。

どう考えても理解に苦しみます。 黒光りする水を湛えた池のすぐ隣は白緑色の水を湛えた湖なのです。
しかも、6月半ばは表面の大半はまだ氷に覆われています。 

おまけにその氷の上には雪が積もっていますから真っ白く、文字通り白い湖です。





湖に沿って大きく右にカーブします。 2回目9月の写真ですから雪は無くピンクの花がきれいに咲いています。






このカーブを曲がりきると、ベルニナ線最高標高(2,253m)の Ospizio Bernina(オスピツィオ・ベルニナ)駅です。 
立派な石造りの駅舎が有りますが無人駅です。



駅近くの高台に上ってみます。 訪問2回目の2010年9月です。
さすがに周辺に雪は残っていませんが、この時はものすごい強風に悩まされたのです。

間もなくサンモリッツ行きのベルニナ急行がオスピツィオベルニナ駅を出て来ました。




そして、カーブを回ってレイ・ネイル、黒い湖の方に消えて行きました。




さて、話を駅に戻します。 
この沿線は、どの駅で降りてもハイキングコースが整備されています。 道路標識もたくさん立っていて安心です。
ただ、掲示されている地図は範囲が広すぎて、細かいことが分からないのが残念です。

最初に訪れた2008年6月、この駅から次の Alp Grüm(アルプグリュム)駅まで沿線を歩くことにしていました。
ガイドブックによると、6Km2時間半となっていましたが、駅の標識によると1時間15分となっています。



初めての私が、通る列車を待ち撮影しつつ歩いても、ガイドブックどおり2時間半も見れば大丈夫でしょう、
軽い気持ちで歩を進め始めました。

ところが、駅を出るや最初の難関が待ち受けていたのです。

ホームの先に10段ほどの階段が有ります。 階段を上がった先の道路には、何と雪が積もっているではありませんか。
しかも、斜面を横断している道路です。



まさか雪道を歩くなど想像もしていなかった私の靴は、平底、それもほんの申し訳程度にしか溝の付いていない街歩き用です。


先の方を眺めます。 ここからはずっと下り坂、見渡す限り道路に雪は残っていません。 ここを渡れば後は大丈夫そうです。
10m、いや、20m有ったでしょうか、一歩一歩足を踏みしめ雪渓を無事通過しました。 やれやれです。




ところが、雪道はこれで終わりではありませんでした。 15分ほど歩くとまた道路上に雪です。
先ほどよりは長そうです。 ただ、今度は斜面ではありません。 楽に渡ることが出来ました。

が、その後も何か所かの残雪、それも、斜面に積もった雪に悩まされることになったのです。



さて、ラーゴビアンコには氷がたくさん浮いています。 その上に雪が積もりまさに白い湖です。
その白い湖のほとりを真っ赤な電車が走って行きます。 
周りにもっと雪が積もっていたら素晴らしい色合いだっただろうと、いささか残念。
勝手なもので、歩くところには雪は欲しくありませんが、写真には雪が欲しいのです。


2回目訪問の2010年9月です。 ラーゴ・ビアンコには氷も雪も無く、本来の白緑色の水が湛えられています。
沿岸を走る電車の姿がLRV風に変わりました。 ヨーロッパの電車はどんどんこのような形になって来つゝあります。




次にやって来た電車も、その次も・・・・・。 LRV公害といったら怒られてしまうでしょうか・・・・・。



話を初回、2008年6月に戻しましょう。

さらに歩きます。 道路に残雪は無く快調です。 石を積み上げたような小高いところが有りました。 登ってみます。
ちょうど、ティラノ行きのベルニナ急行がS字カーブを抜けて行きました。



この先あたりでラーゴビアンコは終わり、道路は線路と離れて行きます。


あっ!  大雪渓です。 これまで何回か通り抜けてきた斜面の雪渓より格段に大きい雪渓です。
斜面はきつく、雪渓の幅はとても広く、50m位有りそうです。
もし、足を滑らせたら何十メートルも下の方まで滑落します。



手前でしばし躊躇します。 
ここを渡るのはいかにも怖い、かと言って戻るにしてもいくつも渡ってきたあの雪渓をまた通らなければならない。

意を決して渡ることにします。 一歩一歩足を叩き付けるように進みます。
溶ける寸前の雪はとても水っぽく、足下の雪はうまく固まってくれません。 
何度も滑りそうになり、それでも何とか渡り切りました。





ウヮー〜ンとモーターの音が聞こて来えます。 木製のスノーシェイドからいきなり赤い電車が姿を現しました。
気付かないうちに線路に近づいていたのです。 パノラマカーベルニナ急行です。




前へ進みます。 猫のひたいほどの平地で道路が2つに分かれています。 道路標識が立っていました。
アルプグリュム駅までのコースは2方向を差しています。 どちらも 1/4h と有ります。
左方向の道を選びました。 あと15分、雪が無いことを願います。

道路は線路から大きく離れて行きます。 山の中とは思えない、平らなまっすぐな道です。

突然目の前が開けました。 ずっと下の方に駅が見えます。 
アルプグリュムの次の Cavaglia(カヴァーリャ)駅です。 とんでもなく低い所に有ります。



おっと、その先で道路には柵が立てられ行き止まりになっています。

これは困ったと、兎に角柵のところまで行ってみます。
柵が互い違いになっていて間を通ることが出来ます。 が、柵の中はテーブルが並んだレストランの庭です。

たまたま居合わせたお店の人に聞くと、「ここを通って坂を下って行けば駅ですよ」と教えてくれます。
レストランの庭を通り抜けると険しい崖が待っていました。 アルプグリュムの駅がはるか下の方に見えます。
九十九折れの急な坂道を下ります。 スピードを抑えるのに苦労します。

駅を出たところのヘアピンカ−ブが見えます。



振り返ると先ほどのレストランがはるか上の方に見えます。




坂を下り切りました。 アルプグリュムの駅です。
積み上げられた石の色、開き戸式の赤い雨戸、オスピツィオ・ベルニナ駅や先ほどのレストランと同じ作りです。
この地方特有の造りなのでしょうか。 印象的な建物です。

向こうの山に Palü(パリュ)氷河が見えます。





この駅にも箱根登山鉄道から贈られたカタカナの駅名標が掲げられています。



この駅を出ると、列車は険しい斜面に沿って右に左にヘアピンカーブを回り、ぐんぐんと高度を下げて行きます。
急坂が一旦収まると、先ほど山の上から見えたカヴァーリャ駅です。

上の写真で分かるように、なぜかここにほんのわずかな平地が広がっています。
線路長にして1Kmも無い位の小さな平地です。

ここを走る列車を見ると、いかにも普通の平地をのどかに走っているようです。



しかし、この後にも、たった今下って来たのと同じような急勾配が待ち構えているのです。
同じようなヘアピンカーブをぐんぐん下ります。




ちなみにアルプグリュム駅の標高、2091m、カヴァーリャ駅を通り、先に Poschiavo(ポスキアーヴォ)駅、1014mと大変な標高差です。
この間の距離16.6Km、平均勾配約65‰です。

ポスキアーヴォ駅が見えてきました。 車庫が有ります。 何か変わった車両は有るでしょうか、楽しみです。



可愛らしい電気機関車が停まっています。 シングルアームのパンタグラフが付いていますが、ポールが似合いそうです。



ずいぶん古そうな電車が有ります。
このようなスタイルの電車はスイスのあちらこちらで見られるものですが、イベント用として活躍しているようです。
ベルニナ線100周年記念イベントにも起用されているようです。



ポスキアーヴォを出た電車はしばらくは殆ど平らなところを走ります。
平らと言っても山に挟まれた谷間です。 狭い谷間に街が有り、湖も有ります。


ポスキアーヴォの少し先に Le Prese(レ・プレーゼ)と言う小さな集落が有ります。
ここに近づくと、列車は道路にぴったりと寄り添って走ります。

そして、いつの間にか道路上に乗り込んでしまいます。 道路が少し広くなると、無人駅レ・プレーゼです。



レ・プレーゼ駅を出ると間もなく湖のほとりに出ます。 ポスキアーヴォ湖です。


ポスキアーヴォ湖を離れると、列車はまた狭い谷間に入ります。 間もなく、オープンループとして有名なブルジオループです。
Brusio(ブルジオ)駅到着の少し前、右側にループ橋が見えます。




ブルジオ駅ではもちろん途中下車です。 駅前の道路に出て、線路と付かず離れずの坂道を下ります。
かなりきつい下り坂です。 帰りが思いやられます。

10分ほど歩いたでしょうか、目の前にループが見えます。 細い道に入ります。
出ました、ループ橋です。 牧場のようですが幸い囲いはされていません。

ティラノ側から、電気機関車と電車に牽かれた列車が坂を登って来ました。
橋の下を通って、ループの中に消えて行きました。




そして、ぐるっと回ってきつい勾配の橋を登って行きました。



ブルジオループを走る列車、外から撮影することが出来ました。
次は列車の中から、ループを走る列車を撮影しなければなりません。

急いでブルジオ駅に戻ります。

しばらくするとティラノ行きの列車がやって来ました。 電車2両で客車3両を牽引する比較的短い列車です。

一番後ろの客車に乗り込もうとすると、乗客は全部降りて来ます。 何か様子が変です。
乗務員が大声でトランシーバーで話したり、あわただしく動き回っています。



様子が分からないまま、駅のベンチで待っていると、車掌がやって来ます。
 『どちらに行くのか。 この先で、落石が有って列車は通れない。 しばらく待ってください』と言います。

「落ちてきたのは Stone か? Rock ではないのか?」 と聞くと
『Rock ではない、  Stone だ』 と言います。

大きな岩でなく石ならすぐに除去出来るだろうと、
しばらく待っていると先頭につながれていた2両の電車を切り離し反対側に連結し始めました。
どうやらこの先の運転を打ち切り引き返す模様です。

不通なら仕方ありません。 ホテルに戻るしかありません。




翌日です。 ブルジオループを走る列車を内側から撮ろうと再挑戦です。
ティラノ行きの列車に乗り込み、車掌に聞きます。
「昨日の落石はもう大丈夫か?」
『大丈夫 No Problem だ。 ブルジオからカンポコローニョまではマイクロバスで送るから問題有りません』・・・・。
何と言うことでしょうか、ブルジオループを走る列車は今日も無いのでした。

かくして、”ブルジオループ走行中の列車を車内から写す”という計画は実現せず、
前日地上から撮影した写真のみになってしまったのです。




さて、ベルニナ線で残された課題はあと一つ、イタリア・ティラノの路面を走るシーンの撮影です。
そもそもこれは、テレビを見て「ベルニナ線に行きたいと思った一つの重要な要素だったのですから・・・・・。

チャンスは2010年9月2回目のベルニナ線訪問の時にやって来ました。

路面を走る部分は前回、2年前に確認してあります。
ティラノ駅から線路と同方向に走る道路を10分も歩けば行き着けそうな場所です。

本当は電気機関車が先頭になって走って来てほしかった。 でも、今この路線でそういう編成を見ることは出来ません。
最新型LRVやって来ました。




少し駅側に戻ります。 デラ・マドンナ教会をバックに走る電車です。







世界遺産ベルニナ線、
素晴らしい景観の中を走るベルニナ線、
急勾配、急カーブを走るベルニナ線、

また行きたい、何度でも行きたいベルニナ線です。
私のベルニナ線詣ではまだまだ続きそうです。

ページトップへ:Pagetop
ベルニナ線:Bernina

国 鉄
SBB
私  鉄
Private Railway
市内電車
City tram
ス イ ス
Swiss
ヨーロッパ
Europe
世界の鉄道
World Railway
ホーム
Home